防犯カメラにも新亜光学工業株式会社の技術が使われている!

>

新亜光学工業株式会社の商品

当初は録画ができなかった

防犯カメラの歴史は1933年のイギリスで始まります。
イギリスは今でも防犯カメラ大国と呼ばれており、防犯カメラをあらゆる所に設置しています。

日本で防犯カメラが普及し始めたのは1968年になってからで、当時は防犯カメラではなく、監視カメラと呼ばれていました。
現在のように、DVDや映画のようなスムーズな映像ではなく、静止画を何枚も撮影し、繋げてみるようなものでした。
そのためか、カメラ自体の劣化も早く、しかも画像の質も悪くなりやすかったようです。
当時はテレビ放送などで映像や通信技術の革新があり、それが防犯カメラの製作に役立てられました。

1970年代になると、ATMの普及が始まり、同時に監視カメラの需要も伸びましたが、録画ができないので、リアルタイムでの監視のために使われていました。

最新の技術とは?

1980年代になり、カラー撮影が可能になり、監視カメラ・防犯カメラが一般的になりました。
それまでは金融機関メインに普及していたのが、商業施設に導入され、たくさんのモニターを並べ、より広範囲を監視するシステムも広まりました。

1990年代になると、空き巣被害が増え始めたことから、マンションなど居住地区での防犯カメラ設置が広がりました。
1996年には世界発のIPカメラが発売され、ネット回線を通じて、画像の保存が可能になりました。

スマホの普及によってアプリをインストールし、自宅などの防犯カメラ映像をスマホで確認できるようにもなり、一般家庭でも手軽に購入できるような存在になりました。
今では、防犯カメラを使い、様々なデータ収集に役立てる技術もあり、今後、防犯ではなく、マーケティングのためにどんどん活用されていくことでしょう。


この記事をシェアする